新型コロナウイルス感染症拡大防止対策

感染症拡大防止のため、国及び開催地域の地方公共団体、会場施設の感染症防止対策のガイドライン等を遵守します。
また、本事業にあたり、医師である本事業担当部署の所長の指導の下、感染症対策を行います。

【受講者の皆様へのお願い】

ご参加いただくにあたり、下記の感染症対策へのご理解とご協力をお願いいたします。

  • 発熱及び体調不良等の症状がある場合は、受講をお控えください。
  • 受付時に、非接触型体温計による体温測定にご協力ください。
  • 略式の受付方法にご理解ください。受付では事務局スタッフとの接触を減らすため、名札シールの取得状況により出欠を確認します。受付机に置かれた名札シールを各自お取りいただきます。
  • 会場備付けの消毒液で、手指を消毒ください。
  • 会場内では、原則不織布マスクを着用してください。
  • 昼食は可能な限り会場外でお取りください。会場周辺に適切な場所がない場合は、指定の飲食スペースをご利用いただきます。
  • ゴミは各自お持ち帰りください。

【私たちの主な取組み】

本事業の各講座・訓練の開催前から開催後まで、下記のような対策をします。

  • 講師及び事務局スタッフは、検温・健康状態の確認を毎日行い、発熱及び体調不良等の症状がある場合には、参加を見合わせます。
  • 講師との距離及び受講者同士の距離を一定以上保てるように、会場内の配置を考慮します。
  • 講師及び事務局スタッフが指導等のためやむを得ず受講者に接近する場合は、短時間となるよう留意します。
  • 会場では不織布マスクを着用します。
  • 受講者の名札は、ホルダーの使い回しを避けるため、シール式とします。
  • 手指や実習資機材等の消毒を徹底します。
  • 消毒液、除菌シート、予備不織布マスク等の感染症対策用品を準備します。
  • 休憩時等の換気を徹底します。
  • 体調不良とならないよう、室温等に十分留意します。
  • 本事業の関係者が新型コロナウイルスに感染したとの情報を受けた場合には、受講者及び関係する地方公共団体に電子メール等により連絡します。
  • 開催後にも関係者と速やかに連絡を取ることのできる体制を構築します。