トップページ

緊急時モニタリング要員育成について

本事業では、原子力規制委員会が策定した「原子力災害対策指針(平成24年10月31日原子力規制委員会決定)」及びその改正等を踏まえ、緊急時モニタリングセンター(EMC)及び野外での緊急時モニタリングに従事する方に対して、基礎から実践まで受講者の習熟度に応じた講義・実習・訓練等を開催し、EMC及び野外でのモニタリング活動及びモニタリング体制の運用に関する知識・技術等の習得を図ります。緊急時モニタリングは、その結果が運用上の介入レベル(OIL)により防護措置の判断等のために活用される原子力防災の要となるものであり、様々な方が緊急時モニタリング要員として従事されることが予定されています。本事業では、日常的にモニタリング業務に従事されている方も、そうでない方も、緊急時モニタリング要員の皆様が確実に緊急時モニタリング業務に対応できるよう、より多くの方に知識や技術を習得していただきたいと考えております。様々な方のニーズにあわせた受講を可能とするため、一部のカリキュラムについては、選択的な受講を可能とし、また、今般の新型コロナウイルス感染症拡大防止の一環と併せ、講義等のeラーニング制作も進めております。ぜひ、有効にご活用ください。

緊急時モニタリングの実効性確保のためのアプローチ

【到達目標】
予測できない原子力災害に備え、EMC要員が基本的な対応を確実に体得するとともに、要員全体の経験値を積み上げ、知識差を解消し、緊急時モニタリング関係者全員の対応能力を向上させる。

approach-image

リンク1 リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

更新情報

2021年6月4日 令和3年度の情報を掲載しました。